スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.20TN-D Permanenet Patch 

cfw.gif 
少し古いですね^^;


自重しますが・・・

Virtuous Flame 氏より、

LCFWにもかかわらず、電源を完全に落としても、
LCFWを維持することのできる、

6.20TN-D Permanenet Patch ←DLリンク

が、公開されています。

✛一言メモ✛
・6.20TN-Dの起動状態を維持可能
・PSP-3000、PSPgoでの起動確認
・LCFWの中では珍しい、FLASH対応


こんな感じですかね


✛導入方法✛

↑からDLしたものを解凍し、
そこからでてきた、Release フォルダを、
PSPをUSBに接続して、
(ms0)/PSP/GAME/に配置。

※ここ重要
必ず、6.20TN-Dを起動させておきましょう・・・ってまだ紹介してねえじゃんおれ!

ついでに、6.20TN-D紹介

✛一言メモ✛
・PSP3000、PSPgoの、最大限のメモリを使用可能(これで重いサイトもみれるね)
・自作アプリ起動率アップ
・自炊PS1にも対応(久々にFF7ができるね!)
・自炊PS1時のプラグインサポート
・バグ修正


と、いうことで、

DLリンク→6.20TN-D

そんなわけで、↑からDLしたものを、解凍。

解凍してでてきた、TN_HENフォルダを、
PSPをUSBに接続して、
(ms0)/PSP/GAME/に配置。

んで、まずは、PSPを起動して、TN Homebrew Enabler
起動しましょう。

そしたら、何も表示されずに、XMB(デスクトップ)に戻るはずなので、

※ここも重要
セレクトボタンを押して、TN vst menuを表示させます。

そのあと、下から6番目の、PROTECT FLASH0を、
→を押して、Disabled としておきます。

※ここから注意

ここからの作業は、PSP本体の内部データを改造します。
今までの作業に間違いがないか、もう一度再確認した上で、作業に移って下さい。
万が一の場合、PSP3000、PSPgoの場合復旧不可能なので、おきをつけて。

PSPのゲームから、6.20TN-D Permanenet Patchを起動。


※ここ重要

次に表示された文字に、まずは、Xを押して、決定。

すると、PSPがまたXMBに戻されます。

では、もう一度6.20TN-D Permanenet Patch起動しましょう。

その次に、また、
Are you going to install this patch?

と、表示されるので、×を押して、決定しましょう。

ここまでは、先程と同じですね。

しかし、そのあとが違う。

先程は、次に表示された画面で、×を押していましたが、
今度は○を押します。

これで、内臓データが書きかえられ、導入完了です。

詳しいデータの行き来は、こちらを
詳細にして下さい。
http://piccolo33.dip.jp/blog/?p=2457#more-2457

※くれぐれも自己責任で。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokueikyousouneroder.blog11.fc2.com/tb.php/439-6ecc964e