スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しいCFW導入講座第一段 

こんにちは、Nero Der Schattenです

いまさらですが、

PSPを改造しようとしている方への講座(笑

という講座を開く事にしました。

記念すべき第1回目は

PSPを改造したい!とその前に・・・

です。
41QGb3uvm4L__SS400_.jpg


PSPのいまさら聞けない用語から、一緒に学んでいきましょう。

※これはあくまで参考とした説明です。
 実際に改造すると、なにかしら不具合が生じる場合も有りますが、そういうのも含め、自己責任でお願いします。
Q
 PSPってCFWを入れるとどうなるの?てか、CFWって何?
A
 まず、このCFWというのはカスタムファームウェアの略です。
このカスタムファームウェアというのは、もともとSCEで公開されている、公式のファームウェアのデータを
自作アプリを起動できるようにする等の機能を追加させた、非公式のアップデータです。

このカスタムファームウェア(以下CFW)を導入することで得られる機能は

非公式のアプリケーション等を起動可能
fff

プラグインという、もともとPSP本体には無い機能を追加するものを実行可能にする
 例 スクリーンショット
   ゲーム起動中に音楽を聴く 等
UMDバックアップデータ(ISOファイルCSOファイル)を起動可能にする
kkk

※CSOファイルとは、ISOファイルを圧縮したファイルのこと
PSP本体に内蔵されている重要なデータがある領域Flash領域※にアクセスが可能になる
lll

※Flash領域は、NAND型Flash(記録領域)のこと。NANDと呼ばれていることもあります
今のところ確認されている領域は
0~3あるとされています このFlash領域の中のデータを誤って消したり、移動させてしまうと、
PSPが起動不可能になってしまいます・・・
このFlash領域にあるデータは
Flash0 PSPの効果音から、起動するための重要なデータなど、flashの中で一番重要なデータを持っている
Flash1 PSPの本体設定で変更したデータの情報、アクセスポイントの情報等が入っています。
Flash2 不明
Flash3 不明
Flash2,3については、まだなにもかわれていないようです・・・)
リカバリーモードという、
CFWを導入することで、追加される機能で、
Rボタンを押しながら起動することで、
5fbd60f0.png
と、このような画面が表示され、さまざまな設定をする事が出来る(プラグインを有効にするのもこのモードで行います)
リカバリーモードの主な機能
・PSPのCPU速度の変更
・PSPの本体設定
・PSPのリカバリー(あるアプリを使うことで、壊れたPSPを復活させることが出来ます)
・PSPのFlash領域のアクセス(USB)
など

と、まあさらっというとこんな感じですかね

しかし、このカスタムファームウェアの導入はPSP-2000の後半期以降から、導入が不可能となっています
(CFWに似たようなものでHENというものはあります。)

現在の最新CFWは

5.50GEN-D3
です。

しかし、安定した機能で有名なのは
5.00M33-6

ですかねw

この、バージョンのあとの、GEN、とか、M33とかはCFWの開発チームを表しています。
そのなかで、有名なチームが、このM33チームと、GENチームです

M33team
ICO.jpg

中心人物 Dark_Alex

3.40あたりから公開開始、もともとDark_Alex氏がX.XXOE系統を公開していたが、M33として公開したのは
3.XXの後半あたりからだった
ISOやエミュレータの起動性に優れた安定したCFWをつくるのが特徴。
5.00M33の公開当時は、FW5.00がSCEから公開された翌日に公開するなど、脅威的なハッキング能力をもつ
5.00M33-6を公開したのちのCFWの公開は無く、現在はあまり目立った公開、更新は無い。2009年12月29日現在


GENteam
logo-pspgen_0090005200300752.jpg

中心人物 Yoshihiro

3.95あたりから公開開始。
M33系のCFWとくらべ、多少、ISOの起動性、エミュレータの起動可能なものの種類等で、劣るもの点もあるが、
特徴としては、
・XMB(※)からのリカバリーモードを起動可能
・PSP本体でパンドラバッテリーを作成する機能を搭載
・MACアドレスの偽装
などの、GENならではの機能が搭載されているのが特徴です
5.50GENシリーズの公開により、さらに注目されるようになり、
PSP-3000等でのChickHENに、ISO起動等の機能を搭載した、5.03HEN-for HENシリーズの公開により、
PSP-2000以降のユーザーからの注目を浴びている。
最近では6.10のCFW、6.10GEN-Aの公開が期待されている

※XMBとは、PSPを起動する等のときにでてくる、待ち受け画面のようなあれです
PSP-XMB-Blue-alt-15in.jpg
クロスメディアバーの略でもあります
アイコン等により、直感的な操作が可能です


しかし、このCFWを導入することで、デメリットもあります

PSPが壊れやすくなる
(アップデートなどでFlash領域を弄るため)
SCEからのサポートが受けられなくなる
悪用すると、違法なことに使われやすい
 (ISOの不正ダウンロードなど)
PSNのアクセス、サービスが受けられ難くなる

しかし、これをみると、メリットの方が多いし、入れても損は少なそうですかね・・・


今回の講座は終了。

次回は、導入編に行きましょうかね・・・
スポンサーサイト

この記事へのコメント

気軽にとかよく書けるな。
この記事を口実にいろいろいわれたら
めんどうだ。
俺まで責任とるのはごめんだぜ。

まさかの

なるほど・・・
内容以前に
そこね、そこ、了解。
直しとくわ。

PSPを改造しよう!
と言ってる時点でダメだと思うが。
まずそもそも
他のサイトでも同じようなことが書いてある
=書いてもいい。
はおかしい。
しかも自己責任といっておきながら
「改造しよう!」はおかしい。
世界で自己責任と書いておいて法律にふれるようなことを「気軽に」や「~しよう!」
と紹介していることが通用するかといわれると
そうではない。
しかもそれを自己責任だなんてそれこそ
無責任だと思う。
関係ない人にはすまない。

Re: タイトルなし

では、つまり、
PSP改造しよう)
というような誘いこむような表現がまずいんだな。
言ってることとやってることがちがうと・・・
う~ん確かにそこまで見てなかったかもな。
内容ばかり気にしてたからなぁ。
・・・。
だとしたらスローガンどうしよ。
[PSPを改造しようと思っている方へ]
で、最後に(あくまで参考です)
とつけておくよ。
いろいろ迷惑をかけたな* *;

それがいいな。
こんなところで地雷踏むよりかは
まだましだな。

Re: タイトルなし

まあな、今なおしたがこんなのでどうだ?
またしっかりとした修正は明日やるが?

PSNのアクセス、サービスが受けられ難くなる。
↑PSNは入れないよな?
この文だと「入りにくくなる」と解釈されるかも。だから
入れないなら「入れない」と書いたほうがいいよ。

現在の最新CFW、かつ安定したCFWは
5.50GEN-D3
↑最新は5.50GEN-D3だけど
「安定した」と言うとM33と言う人も少なくないぞ。
ISOにパッチ当てれば5.00M33系でも動くから
新しい、かつ安定してるのは
M33系ともいえるかも。

あとCFWにはリカバリーモードにあるような
クロック値?を変えることが出来るとか、
configurationのなかにあるような項目を変えたり
PSP本体の設定?を変えることが出来るっていうのもあるねww
以上

ん?
俺だけかなこの現象。
「続きを読む」の上に
何か英語がたくさん・・・。

PSNにはサインイン
しなければ入れるっぽいけど
みんなどう?
あと一時期Media GO を介してPSNを
利用できたという証言も多数あったけども。
あ、一時期ってのはGEN-D3が発表された直後ね。
今は無理っぽいけど。

まあいまのところは入り辛いということでw
m33got、情報提供サンクス!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokueikyousouneroder.blog11.fc2.com/tb.php/153-60408d62