スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.20TN-D Permanenet Patch 

cfw.gif 
少し古いですね^^;


自重しますが・・・

Virtuous Flame 氏より、

LCFWにもかかわらず、電源を完全に落としても、
LCFWを維持することのできる、

6.20TN-D Permanenet Patch ←DLリンク

が、公開されています。

✛一言メモ✛
・6.20TN-Dの起動状態を維持可能
・PSP-3000、PSPgoでの起動確認
・LCFWの中では珍しい、FLASH対応


こんな感じですかね


✛導入方法✛

↑からDLしたものを解凍し、
そこからでてきた、Release フォルダを、
PSPをUSBに接続して、
(ms0)/PSP/GAME/に配置。

※ここ重要
必ず、6.20TN-Dを起動させておきましょう・・・ってまだ紹介してねえじゃんおれ!

ついでに、6.20TN-D紹介

✛一言メモ✛
・PSP3000、PSPgoの、最大限のメモリを使用可能(これで重いサイトもみれるね)
・自作アプリ起動率アップ
・自炊PS1にも対応(久々にFF7ができるね!)
・自炊PS1時のプラグインサポート
・バグ修正


と、いうことで、

DLリンク→6.20TN-D

そんなわけで、↑からDLしたものを、解凍。

解凍してでてきた、TN_HENフォルダを、
PSPをUSBに接続して、
(ms0)/PSP/GAME/に配置。

んで、まずは、PSPを起動して、TN Homebrew Enabler
起動しましょう。

そしたら、何も表示されずに、XMB(デスクトップ)に戻るはずなので、

※ここも重要
セレクトボタンを押して、TN vst menuを表示させます。

そのあと、下から6番目の、PROTECT FLASH0を、
→を押して、Disabled としておきます。

※ここから注意

ここからの作業は、PSP本体の内部データを改造します。
今までの作業に間違いがないか、もう一度再確認した上で、作業に移って下さい。
万が一の場合、PSP3000、PSPgoの場合復旧不可能なので、おきをつけて。

PSPのゲームから、6.20TN-D Permanenet Patchを起動。


※ここ重要

次に表示された文字に、まずは、Xを押して、決定。

すると、PSPがまたXMBに戻されます。

では、もう一度6.20TN-D Permanenet Patch起動しましょう。

その次に、また、
Are you going to install this patch?

と、表示されるので、×を押して、決定しましょう。

ここまでは、先程と同じですね。

しかし、そのあとが違う。

先程は、次に表示された画面で、×を押していましたが、
今度は○を押します。

これで、内臓データが書きかえられ、導入完了です。

詳しいデータの行き来は、こちらを
詳細にして下さい。
http://piccolo33.dip.jp/blog/?p=2457#more-2457

※くれぐれも自己責任で。

スポンサーサイト

6.20TN-A対応のISOLoaderが公開! 

やべえ、PSPハック業界仕事はええ!
イメージ048

ということで、liquidzigong 氏によって、はやくも、6.20TN対応のISOLoaderが公開されました

ダウンロード(6.20TN対応ISOLoader)

導入方法1

ダウンロードしたものを解凍します。

解凍してだてきたPrometheus_Iso_loaderフォルダは、ms0/PSP/GAME/へ入れて下さい
イメージ050

さあこれで準備は万端です

ここで注意

※ISO起動は必ず手元にUMDがある状態で

 自己責任で行って下さい




あとは、PSPの作業です

まず、ISOを

PSPをUSBで接続(メモリースティックでも可)

そこのルートフォルダ(USBに繋いだ直後のフォルダ階層のこと)
にそのままISOフォルダを作ってください
その中にお好きなISOを入れて下さい
(まあつくってあるとは思いますが)
図にするとここです
イメージ052

そしてPSPにて、Prometheus_Iso_loaderを起動します。

イメージ053
で、起動するとこんな感じに画面になります。

ちなみに、この黒い倉庫にうpしたものはm33driverというものが適応されております。

あ、それと、画面通り、MHP3rdも起動できるそうですが、確認はしていません

確認ができたら、コメントの方におよせいただけるとうれしいです。
確認できたら、

6.20TN-A公開いいい!!!! 

ついにやってまいりました!

6.20の対策基盤のPSPでショボーンしてたみなさん!

ついにこの時がきました!!

6.20TN-A公開となりました!!
イメージ043

お得意様のために、まずはミラーを張っておきましょう

今回はインストールの手順を大幅に省いたsyotenバージョンを用意しときました。
ダウンロード(6.20TN-Aインストーラ―)

さて、ではここから注意すべき点を挙げていきます。

0、対応FWは6.20のみなので、

それ以外には対応していません


1、HBLを使用しますので、

必ず起動にはPatapon2 体験版の米国版を用意して下さい。


2、まだISOの起動には対応していません
3、自作アプリはもちろん、プラグインも実装できます。

こんなところでしょうか?

では実際にインストールしてみましょう
続きを読む

HBL久々に紹介 

古い情報ですが、報告させて頂きます。
hbl_logo_tiny.jpg 

以前からまったく更新しなかった通常PSPを自作アプリ起動可能にする
HBLですが、

しらないうちに6.31とかにも対応していたとは・・・

いやーしらんかったw

というかパタポンじゃなくてみんゴル2からの起動もできるようになってたんですねw
と、いうことで紹介していきたいと思います
続きを読む

何時の間にかexploit 



coyotebean氏にからkernel module の復号によってPSP Goで CFW、HENが起動するかもしれない

という証拠動画が公開されています。去年11月頃

これはやはりすごいですね!!動画状況からして、フェイクの可能性は限りなく低いはずです。

これはTeam Typhoonによるものですが、
実際、前回と同じく公開の予定はないらしいですが最新 FW で作動する HEN、CFW も開発中だそうです。

http://wololo.net/wagic/2010/06/10/a-hencfw-for-new-models-of-psp-soon/


どうやら最近、exploitの詳細や、6.00以降のCFW関連の情報がなかったのは、
前回のパタポンのexploitが、名売りのために使われた悪用等がされないようにするために、
情報を秘密にしていたんだそうです。

そして、「今回の計画では、公開してから開発していく」という不完全なケースではなく、
「公開したときはすでに、ほとんどのア

プリが起動できているようになっている

ようにする」


んだそうです。

さらに、この記事には紹介していませんが、PSP Go のkernel exploit に対応したPSRDumperも
公開されたわけですし、かなり6.10のCFWやHENの可能性、というか、見えてきましたね、
近いですね、進展をまちましょう。
続きを読む