スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPver6.39をダウングレード! 

wololo氏より、
FW6.39以下のPSPを、比較的改造が安定するFW6.20へダウングレードさせる、

6.39/6.38 Downgrader v3.1
イメージ089

が、公開されています。

とりあえず久々に黒い倉庫にミラーしておきます。

ダウンロード


✛注意事項✛

このアプリは、確かにダウングレードは可能ですが、
以下のPSPでは出来ない可能性があります。

・最近買った新品のPSP
・PSP goの後半期モデルなど

なお、この作業は、PSPを壊してしまう可能性があるので、
十分注意して作業をしてください。

続きを読む
スポンサーサイト

最新!Iso tool ver1.972(スパロボZ対応版) 

イメージ086
スパロボZの起動に対応したパッチを搭載した、
Iso toolが公開されています。

ダウンロード(isotool1972)

更新点
スパロボパッチに対応した
以下、導入方法など(リンク手順)



続きを読む

ISO tool 最新版(ver.1.970) 

20080101000431_20100307232000.png
久々の紹介ですね、というかさほど新しいものではないのですが、
iso toolsおよび、iso toolの最新版である、1.970が公開されています。

iso tool ver1.970 ダウンロード

✛基本機能✛

・UMDからの、ISOの吸い出し
・ISO→CSOの圧縮変換機能
・ISOのEBOOT.BINの複合機能
・ISOのprometheusパッチ(モンハン等を起動可能にする)
・ISOやCSOの名前変更
・ISOの削除


✛前回からの更新内容✛

・CipherBridge.prxを更新
等、バグ更新メイン

✛インストール方法✛

1.↑からダウンロードしたものを、解凍します。

2.解凍してでてきたPSPフォルダを、ms0(ルートフォルダといい、
メモリースティックの最初のファイル階層のこと)に上書きして下さい。

____________________________________________________________________________________
※3.ここからはAUTO CFW機能を使いたい人のみの手順です。
AUTO CFWとは、prometheus4をインストールしている人向けの機能で、
prometheus4の場合、一部で起動できないアプリがあるのですが、それを起動できるようプラグイン
のことです。

ということで、先程解凍したフォルダのsepluginsの中にある、
※(他のプラグインを導入してる人の場合)
game.txt以外のファイルを、ms0/seplugins/にコピーします。
そのあと、もともとメモリースティックの中にあるgame.txtに。
「ms0:/seplugins/peagasus.prx 1」とかきいれて下さい


※(他のプラグインを導入していない場合)
sepluginsフォルダを、ms0にコピーします。

4.次に、解凍して出てきたフォルダの中にある、
AUTO cfwフォルダを、ms0にそのままコピーします。
______________________________________________________________________________________

5.ここからは導入する人すべてに共通します。
あとは、PSPから起動するのみです。

続きより、使い方説明
続きを読む

6.20TN-D Permanenet Patch 

cfw.gif 
少し古いですね^^;


自重しますが・・・

Virtuous Flame 氏より、

LCFWにもかかわらず、電源を完全に落としても、
LCFWを維持することのできる、

6.20TN-D Permanenet Patch ←DLリンク

が、公開されています。

✛一言メモ✛
・6.20TN-Dの起動状態を維持可能
・PSP-3000、PSPgoでの起動確認
・LCFWの中では珍しい、FLASH対応


こんな感じですかね


✛導入方法✛

↑からDLしたものを解凍し、
そこからでてきた、Release フォルダを、
PSPをUSBに接続して、
(ms0)/PSP/GAME/に配置。

※ここ重要
必ず、6.20TN-Dを起動させておきましょう・・・ってまだ紹介してねえじゃんおれ!

ついでに、6.20TN-D紹介

✛一言メモ✛
・PSP3000、PSPgoの、最大限のメモリを使用可能(これで重いサイトもみれるね)
・自作アプリ起動率アップ
・自炊PS1にも対応(久々にFF7ができるね!)
・自炊PS1時のプラグインサポート
・バグ修正


と、いうことで、

DLリンク→6.20TN-D

そんなわけで、↑からDLしたものを、解凍。

解凍してでてきた、TN_HENフォルダを、
PSPをUSBに接続して、
(ms0)/PSP/GAME/に配置。

んで、まずは、PSPを起動して、TN Homebrew Enabler
起動しましょう。

そしたら、何も表示されずに、XMB(デスクトップ)に戻るはずなので、

※ここも重要
セレクトボタンを押して、TN vst menuを表示させます。

そのあと、下から6番目の、PROTECT FLASH0を、
→を押して、Disabled としておきます。

※ここから注意

ここからの作業は、PSP本体の内部データを改造します。
今までの作業に間違いがないか、もう一度再確認した上で、作業に移って下さい。
万が一の場合、PSP3000、PSPgoの場合復旧不可能なので、おきをつけて。

PSPのゲームから、6.20TN-D Permanenet Patchを起動。


※ここ重要

次に表示された文字に、まずは、Xを押して、決定。

すると、PSPがまたXMBに戻されます。

では、もう一度6.20TN-D Permanenet Patch起動しましょう。

その次に、また、
Are you going to install this patch?

と、表示されるので、×を押して、決定しましょう。

ここまでは、先程と同じですね。

しかし、そのあとが違う。

先程は、次に表示された画面で、×を押していましたが、
今度は○を押します。

これで、内臓データが書きかえられ、導入完了です。

詳しいデータの行き来は、こちらを
詳細にして下さい。
http://piccolo33.dip.jp/blog/?p=2457#more-2457

※くれぐれも自己責任で。

6.35Custom beta v12 公開 

イメージ056

少し古い情報ですが、一応最近PSP関連の記事書いてなかったので

そういえば紹介していませんでしたが、
5.50GEN以降、LCFW(6.20TNなど)系の消したらまたやり直しの改造が
メインでしたが、

今回、PSP-2000(対策前)限定
ですが、

久々の完全なCFWです★

しかも、M33をベースとしているので、かなり安定しているそうです!

(まあ俺PSP-2000持ってないからなんとも言えないのですが・・・)

✛開発者✛

neur0n氏

✛主な機能✛

・ISO起動対応
・リカバリーモード対応
・VSHメニュー対応
・5.00M33などからのインストール可能


✛ダウンロード✛


✛説明✛

※主が導入していないので、責任は持てないのですみませんOTL

まず上からダウンロードして、解凍して下さい。

解凍して出てきたUPDATEファイルをms0/PSP/GAME/に入れて下さい。

さらにそこから、SCE等からFW6.35をDLして、EBOOT.PBPというファイルを

「635.PBP」と変更しましょう。

その635.PBPをms0/PSP/GAME/UPDATE/
入れて下さい。

次に、ISOをXMBから直接起動するために、

フォルダに同梱されている、sepluginフォルダを

メモリースティックにms0/にそのままコピーして下さい。

これで下準備は完璧。

あとはPSPからインストーラを起動して、

指示に従って導入して下さい^^

お疲れさまでした